Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

枕を欹てて聴く

香炉峰の雪は簾を撥げて看る

crxmakeをGoogle Extensions Galleryに対応

Chromium Extension Ruby

追記
id:os0x さんから,

@Constellation ちょうど同じネタで書いてましたね。ちなみに、pemファイルを含める必要があるのは初回のみなので、割と事故率は低いかも。

http://twitter.com/os0x/status/6303238609

と教えてもらいました!

Google Extensions Galleryにわくわくしています.
で, なんだかんだでこのzipファイルを作るのが面倒になってくることがあります. なぜなら, pemファイルを入れてzipにしなければならないからです.
拡張が複数になるとpemファイルも増え, 名前ごとにtaberareloo.pemなどにしますが, zipファイルにはkey.pemで入れなければならないらしいTransferring an existing extension to the gallery. - Chromium-extensions | Google Groupsので, 逐一renameしてzipしてとかやっているととにかく面倒です. うっかりミスでpemをgit管理下に入れてpushでもしてしまったら大失敗!大勝利!

そこで, crxmakeにGoogle Extension Gallery用のzipファイルを作る機能をつけました.
ruby code

CrxMake.zip(
  :ex_dir => "/path/to/src",
  :pkey   => "/path/to/pemkey",
  :zip_output => "/path/to/zip",
  :verbose => true,
  :ignorefile => /\.swp$/,
  :ignoredir => /(?:^\.(?:svn|git)$|^CVS$)/
)

これによって, 自動でpkeyをkey.pemにして取り込んでzip化します.
command line

crxmake --pack-extension='/path/to/src' --zip-output='/path/to/zip' --pack-extension-key='/path/to/pem' --verbose

としても/path/to/zipにzipが出来ます. key.pemは--pack-extension-keyのものを取り込んでいるので, このままGoogle Extension Galleryにuploadすれば終わりです.